【マレーシア】使える!クアラルンプール空港のカプセルホテル、KILA2 Capsule Transit Airport

エジプトからの帰り、クアラルンプール国際空港のターミナル2のカプセルホテルを利用しました。かなり使い勝手がよかったのでご紹介します。

乗り継ぎ時の救世主!

エジプトからマレーシア経由で帰国するときに、クアラルンプールでの飛行機の乗り継ぎが日中12時間以上ありました。さてどうやって過ごそうか?

夜ならホテルに泊まるけど、昼間だから大して寝たいわけではない。でもシャワーは浴びたいし、荷物を預けてクアラルンプールの街へも出掛けたい。

そんな希望にバッチリ応えてくれたのがターミナル2のカプセルホテルなのです。

通常の料金表はこちら。

これによるとスイート12時間利用で約1万円ですが、かなり前もってBooking.comで予約したところ、なんと4000円弱で泊まることができました。3人ならひとり1000円ちょっとだなんて、コスパ最高!

ターミナル間移動

クアラルンプール空港はターミナル1と2がありますが、大手航空会社は普通ターミナル1に発着します。

カプセルホテルがあるのはターミナル2なので、ターミナル間を巡回している無料バスで移動しました。バスは15分~20分ごとにあり、所要時間も10分程度とスムーズに移動できました。

チェックイン

ターミナル2のランドサイド(誰でもアクセスできる側)、地上階にある受付でチェックイン。予約しておいたのは定員3名のスイート2部屋です。

カプセルトランジットの看板が目印。

チェックインの時にロッカーの鍵をもらい、まず不必要なスーツケースをしまいました。大型スーツケースもちゃんと入る大きさでした。

さてお部屋へ。内部は当然ですがシーンとしていて、シングルやダブルのカプセル個室が並んでいました。

コンテナを積み重ねたような構造。利用者はちらほらいました。

スイートの部屋

真っ赤なドアがスイートの入り口。普通サイズのちゃんとしたドアでした。

中に入ると、上半分は塞がれていて、下半分が私たちのスペースになっていました。

ダブルベッドとシングルベッドが並んでいます。二人で利用したので広々~!

ベッドの手前はちゃんと立ち上がれる高さがあるので、閉塞感はナシ。

コンセントはユニバーサルタイプ。

窓がないので電気を消すと真っ暗になり、思わずぐっすり寝てしまいました。

チェックインの時にひとりひとつもらったアメニティ。かわいい柄の水ボトル、歯ブラシにアイマスク、耳栓にタオル(これだけは返却)、と至れり尽くせり。バッグもついてて嬉しい。

共同バスルーム

あまりよろしくなかったのがシャワー設備。

狭くて、着替えやタオルをおく場所もなく(小さなフックがひとつだけ)、あまり落ち着きませんでした。コンディショナーもなし。

まぁそれでもさっぱりできたのでよかったです。

休憩室

休憩室兼ライブラリーのようなスペースもあり、無料のコーヒーとお茶がおいてありました。

ただし個室エリアのすぐ隣なので談笑には向かず、静かに過ごす必要があります。

ターミナル2のショッピングモール

ターミナル2の3階、4階はショッピングモールになっていました。ホテルからエスカレーターを上がるだけというアクセスの良さ!

飲食店、衣料品店、スポーツ店、スーパーマーケットまで入っていてとっても便利。

スーパーにはBerly’s のチョコも売っていて、最後のお土産調達ができました。

ファミリーマートも。

ターミナル2はローカル色が強くて、あか抜けた雰囲気はありませんが、ウロウロするのが楽しかったです。入ってませんがマッサージ店もありました。

カプセルトランジットKLIA2は、トランジットでちょっと体を休めたり荷物を置いて出かけたい時にぴったりの、とっても使えるホテルでした。

広告
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする