【台湾】ウォータースライダーが大充実!六福水楽園ウォーターパーク

六福村の遊園地を昼過ぎで切り上げて、次にやってきたのは六福水楽園。

たくさんのウォータースライダーや流れるプール、波のプール、子供用のジャングルジムプールなど大充実の一大プール施設です。

夏のあつーい台湾で子連れで楽しむのにピッタリの場所でした。

ちなみに、営業は6月から9月の間だけのようです。

公式ウェブサイトはこちらからどうぞ。

ウォーターパーク入場料込みの六福村入場券はKKdayのウェブサイトで2000円ちょっとで購入できます。おすすめです!

水楽園へレッツゴー

水楽園は遊園地と出入り口がとなりどうし。簡単に移動することができました。

私たちは両方の共通券だったので、遊園地に入るときに手に押されたハンコを水楽園入口で見せると、すんなり入場できました。

ゲートを入った先にはまずインフォメーションセンターが。そこでデポジットを支払いロッカーのカギを借りました。

インフォメーションの隣には、水着や浮き輪などが売っている売店。その先にはロッカーや男女別の広い更衣室があって、台湾プール初体験の私たちにも分かりやすかったです。

更衣室で着替えたら、プールエリアへレッツゴー!

まず波の出るプールが目に入ってきました。台湾も夏休み中なので結構なにぎわい。

あれ?泳いでいる人がみ~んな水泳帽をかぶってるぞ!?

な、なんと、水楽園には水泳帽をかぶらないとプールに入れないというルールがあったのです!

水楽園の必需品は水泳帽!

そんなこととはつゆ知らず、水泳帽なんて1つも持ってこなかった私たち。

インフォメーションセンターへ戻り、レンタル水泳帽はないかと尋ねたものの、なし。売店を教えられました。

売店では水泳帽大人用150元(600円)子供用120元(480円)と、家族5人分買うとバカにならないお値段。

このあとアイスクリーム買ってあげるねと子供に約束していたのに、その分のお金が消え失せてしまいました。トホホ。

安めの帽子でいいので準備していきましょう~。

ウォータースライダー

ま、気を取り直しておニューの帽子をかぶって、さぁスライダーで遊ぶぞ!

水楽園の中央には、6種類ぐらいのスライダーのあるタワーがあります。

シンプルな直線型のものから、一人乗りや二人乗りの浮き輪ボートに乗って滑るもの、ボートが広~いスロープに放り出されて、グルングルンと振り回されてから滑り落ちてゆくものなど、バラエティに富んでいました。

待ち時間も0分~10分ほど。いろんな種類に乗ることができて、特に小学4年生と6年生の子供たちは大満喫していました。

少し離れた場所に、もう一つ別のスライダーもありました。

キッズプール

幼稚園児から小学校低学年ぐらいが楽しめそうなのがキッズプール。

中央の巨大なバケツからは、時々ザバーンと水が降ってきます。

浅いプールの中央がジャングルジムっぽくなっていて、そこからミニスライダーが出ていました。

キッズプールの周りは「流れるプール」。

子供たちが遊んでいるのを横目で見つつ、浮き輪ボートに乗っかってドンブラコ~。

遊園地とウォーターパーク両方楽しむことができて、大充実の一日となりました。

六福村への行き方はこちらをどうぞ!

先日紹介した六福村遊楽園ですが、台北から約65キロ、桃園空港のさらに向こうの新竹県という場所にあります。 外国人観光客が六福村へ行く方...
広告
広告大
広告大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする